大阪生活

大阪生活の記録

服が欲しい

普段着であればユニクロでよくない?という思いが日に日に強くなっています。最近のユニクロは格好いいし、お外でも着られるのが多い上にそもそも服に拘りが少ない人間なので、楽に着られればそれで良い、みたいなところは否定できません。

結局服に対して何を求めているんだろうと考えています。着心地の良さや丈夫さ、シュッとした感は大切ですが、派手すぎず地味すぎずちょうど良いデザイであるのも大事ですし、長く着られるかどうかという点も気になります。無印の服はノームコア過ぎて、セレクトショップの服は数年後は着られなくなりそうで、結局ベーシックな普通の服に落ち着いてしまいます(もちろんその時々の流行りものを着るのも楽しい!)。

以前ジャーナルスタンダードで買った黒のシェフパンツはとても便利でした。5000円くらいでお手頃価格なのも嬉しい。細すぎず太すぎずの適度な着心地で、サンダルにも革靴にも合う感じ。ベルト要らずなのが2億点。昨年秋にはコーデュロイ仕様のも買おうとしたのに、あちこち行っても売り切れてたから買えなかった。趣味が変わらなければまた来秋買おうと思います。

無地のシャツは専らユニクロに頼っています。3000円くらい?のサラッとしたタートルネックは無限に着てる。洗濯から返ってきたらすぐ着てるし、なんなら同じデザインのシャツをもう一枚持ってます。同じ色のクルーネックのも持ってます。無地の(胸ポケット付きの)半袖シャツはこの夏とこの前の夏にアホほど買って着まくったので、来年の夏には少し違う感じのを着てみたいなぁと思ってます。

靴は仕事でもプライベートでも使えるような革靴とスニーカー、サンダルしか持ってないです。冬なのでブーツが履きたい人だったのですが、1000マイルブーツの値段が上がったり下がったりするのをぼんやり数年見続けてるのできっと今後も買わないでしょう。ただスニーカーはそろそろ買い替えたいです。確か2年くらい前に買った灰色の996なんですが、なかなか風格が出てきたので違う色のがあればいいなぁと思っています。コンバースでもいいのかもしれないし、流行りのハイテクに手を出しちゃってもいい年齢かもしれませんが、結局履きやすいものが欲しいのでムーンスターに落ち着く気もします。

それと薄手のダウンジャケットが欲しい。コートやジャケットの下に着られるようなやつ。あれさえあれば作業服でも暖かいし、スーツで仕事するときにも役立ちそう。優先順位的には一番…いや、もう春が近いから来年でもいい気がする。

服、結局同じようなものばかり揃っちゃうので誰かと買い物に行ってガッツリ買い込むやつをやりたいので、誰か一緒に行きませんか。5万くらいは使いたいのであちこち回るのやりませんか?

浜松周辺に行ってきた

今週月曜は会社を休んで浜松に行ってきた。浜松といえば楽器とうなぎが有名で、個人的には免許合宿で2週間以上滞在した場所でもある。浜松を選んだのは「車で行けるから」という理由。他には箱根とか鬼怒川とか軽井沢とかが選択肢にあったのだけど、どれも大阪からは遠くて諦めた。

f:id:osakajazzlife:20200214081235j:image

朝6時に出る計画を実行して6時15分に家を出た。幸先の良いスタートだった。途中でホテルの会員証を忘れたことに気づいたが、無くても何とかなると確認が取れたので安心した。大阪から京都、滋賀を経由し、三重のナガシマスパーランド横を通り過ぎる。付近新しくできた鈴鹿PAがあって、トイレの洗面所には無茶苦茶高そうなダイソンの乾燥機が付いてて面白い。レーシングカーも展示してるから車好きは楽しめそう。

そして愛知県岡崎市まで来たらもう静岡はすぐそこだ。かつて東海道本線で何度も縦断したあの静岡を今こうして車で駆け抜けている。感慨深い。

f:id:osakajazzlife:20200214082114j:image

ミーハーなのでまずは浜松餃子を食べた。蒲田の羽付き餃子と近からず遠からずといったところ。いや普通に美味い。ただニンニク抜きを注文したので餃子の王将みたいなガツンという味ではなかった。車じゃなければビールと一緒に食べたかった。

その足でうなぎパイ工場へ行く。入場料無料でパイが3つ貰えることより、オートメーション化された工場にテンションが上がった。どんなに機械化が進んでも、人の感性が大切です!生地の仕込みは未だに熟練の職人が必要です!ってアピールしてたのが印象的だった。

一旦ホテルに荷物を置き露天風呂に入る。4時台なので風呂にはおっちゃん2人だけでガラガラだった。高級そうな石鹸で体を洗い、浜名湖が見渡せる露天風呂に使ったときは心から「生きてて良かった」と思った。ホテルは相変わらず綺麗で快適だった。

その後はホテルから数分のところにある「加茂」で鰻重をいただく。これがもう絶品で今まで食べたうなぎの中で一番美味かった。表面がカリカリで香ばしく、身が分厚くて柔らかくて完全に優勝した。

最後に翌日の朝食を調達するために近くのスーパーに駆け込み、1個58円のパンを購入。ホテルに帰って再び風呂に入り全てを忘れて寝た。ベッドが広くて最高だった。

f:id:osakajazzlife:20200214083225j:image

翌日は心を決めて掛川花鳥園へ車を走らせた。ここが鳥好きにとってはまさに天国で、多種多様な鳥が放し飼いにされてるエリアもあり、ペンギンを膝に抱いて記念撮影ができるサービスもあり、バードショーと銘打ってフクロウや強そうな鳥たちが飛んできたり飛んでいったりする姿を間近で見ることができるチャンスもある。ただ直前に駆け込んだので望遠レンズを使わないとうまく取れなかったのが残念。

f:id:osakajazzlife:20200214084040j:image
f:id:osakajazzlife:20200214084036j:image
f:id:osakajazzlife:20200214084043j:image

翌日が仕事だったので、掛川花鳥園には僅か3時間強の滞在となった。途中浜名湖SA、鈴鹿PAを経由して素直に家に帰った。風呂に入って飯を食い、20時過ぎには意識を失った。今回の旅行は一泊二日だったが、早起きして行動すれば想像以上に楽しめることが分かったことは大きな収穫だ。次は3時くらいに起きて仙台とか行こうかな。行かないけど。

Buncaという喫茶店

学生時代に非常に多くの時間を過ごした喫茶店保谷にあるBuncaに来ている。仕事が早めに終わったので、日本橋から有楽町線に乗って。都内といえどもここは比較的落ち着いた場所で、駅前にも関わらず空はとても広い。極貧生活を送っていた学生時代には(学生料金として)おかわり無料という特権にあやかって、日が明るいうちから閉店まで最高の空間を独り占めできた。その時間をバイトに費やせばどれだけ稼げたんだろうね。

f:id:osakajazzlife:20200206155130j:plain

アメリカンコーヒー。一杯500円。

店内は100年以上前の教会で使われていた椅子、木目のきれいな机、それにJBLのスピーカーとその時々の季節の花がある。前回来れたのは多分3年前くらいだと思う。よくこんな素晴らしいお店と出会えたな、とあの頃の自分を褒めてやりたいくらい。

今日はここで少しだけ事務処理をして、明日の仕事に備えようと思う。ただこの瞬間だけはちょっとだけ、学生時代の余韻に浸りたい。

本日の仕事について

仕事が捗るときとそうでないときがある。捗るときは普段なら気乗りしないような面倒な案件にも怖気付くことなく切り込める。そうでないときは何もできないので給湯器とトイレの間を何度も行き来し、机の中のお菓子を食べるだけの生き物になるので、仕事が捗る状態に身体と心を持っていく必要がある。ただでさえ僕は集中力が続かないので、実質8時間の労働時間全てを仕事に費やすために何をすればよいのかを考えてみたがさっぱり分からない。

今日は仕事に集中することができた。睡眠時間は普段より少ないし、いつも通り朝飯は食べていない。ただ、起きてすぐチョコレートを口に入れたのが良かったのかもしれない。お茶とチョコレートを摂取し、電車では英単語の勉強を30分程度。着席してからはとても時間が流れるのが早く感じた。見積業務、書類の作成、周囲のヘルプ対応、納期調整、大量の手配業務、後輩の仕事の確認と修正依頼、新規客先訪問日程の調整、今週の出張の宿と車の手配。昼はラーメンを食べて経費振込用口座の確認を行い、先月分の振り込まれた経費をメイン口座に移す。

午後は水分を適度に取りつつ引合品の工程確保と原価精査、後輩の仕事の確認と修正依頼、インターン生へのプレゼン資料の作成、大量の手配業務(2)、機械品の納期調整、新図面の作成に関わる調整、出張の打ち合わせのセッティング、1年間の数字の総まとめ等たくさんの仕事をした。頑張った。常に8時間は寝ているけれど案外6時間くらいでもなんとかなるのかと思ったし、午前中に各方面と電話しまくることによって脳が仕事モードになるような気がした。f:id:osakajazzlife:20200203181826j:image

週末はゆっくり過ごし、晴れた日曜には春を探しに半径数百メートルを彷徨った。寒いながら梅が開花していた。平和な週末を過ごすと、反動で平日は元気に戦えるのかもしれない。

Joy Springを弾けるようになった話

学部時代から「いつかはJoy Springが弾けるようになりたい」という話をしていた。Joy SpringはClifford Brownの演奏で有名な曲で、8小節ごとに半音ずつ転調していくちょっと難しいやつ。サックスとトランペットのカルテットでやったら大受け間違いなしの曲なんだけど、半音の転調は管楽器だったりピアニスト的には結構嫌なんです。

www.youtube.com

完成度が微妙だったこの前の兵庫のライブが終わってからも、この曲だけは少しずつ練習していた。平日家に帰って寝る前のちょっとした時間にピアノに向かって、コードの構成音を1つずつ確認して……という地味な作業を続けた結果、それなりに弾けるようになった。特にBメロのG♭の部分、これが本当に格好いい。コードもアドリブも、ちゃんとジャジーな音になってくれて弾いてる本人も驚いている。

時間のある学生時代に、もっと時間をかけて一曲一曲を練習するべきだった。けれどこうして社会人になってからもたまにはピアノに向かい、基本に立ち返って練習できることはあまり期待していなかっただけに嬉しい誤算でもある。ここ数ヶ月でぼくは間違いなく以前よりピアノが上達している。仕事で成長を感じることはあまりないだけに、こういった趣味的な分野の進化は嬉しい。

ジャズは感覚じゃなく、理論の占める割合が非常に大きい音楽だと改めて感じた。どの音を抜いて、どの音とどの音をぶつけて微妙な雰囲気を出すかということを瞬時に判断して指に反映するといった一種のスポーツ的な要素もあり、それでいて他のプレーヤーの音をコピーして自分のものにするという勉強的ない一面もある。

セッション時には反射神経も必要だけど、それ以上に大切なのは練習量と勉強量、それに聴き込んだ量に素直に比例する音楽がジャズだと思う。まだ死ぬまで時間はあるし、コツコツ聞いてコツコツ練習してコツコツ勉強していこう。60歳でピアノを弾ける格好いいジジイになるのが夢だから、あと35年、やってやろうじゃないか。

人が辞めていく

表題、徐々に周りの人が会社を辞めていく。仲の良かった同期も既に片手では数えられぬほど抜けていき、気づけば営業配属(文系)の人間で残っているのは僕だけになってしまった。彼らの配属された部署がハードだったのか、もしくはよっぽど僕が無神経なのかは分からないけれど、結果的にたった一人残ってしまった。

転勤が嫌だった人、部署の雰囲気に合わなかった人、そもそも営業の適性がないと判断されて営業から外された人、それぞれの理由があって彼らはこの会社を離れていく。願わくば彼らの未来がより素晴らしいものにならんことを。ただ、同じ釜の飯を食った仲の友人たちが遠くへ行ってしまうのはやはり寂しい。

寮の屋上でキャンプ道具を広げてラーメンを作ったり、燻製で遊んだり、昼から飲んだり先輩の部屋でタバコを吸ったり。みんなが揃っていたあの時期が、ひょっとしたら一番幸せだったかもしれないとふと思った。

f:id:osakajazzlife:20200127233847j:plain

 

現像が上がりました

Leicaとモノクロフィルムで撮る日常写真が上がりました。KodakとIlfordの違いを知りたくて、同じカメラとレンズで撮り比べしてみた。景気よくゴリゴリ課金して最高の解像度で現像をお願いして、返ってきたのが昨晩。年末年始に撮りためた2本から人に見せられるものを抽出してみた。

f:id:osakajazzlife:20200115220535j:plain

1956年製造のレンズを使っています。

f:id:osakajazzlife:20200115220521j:plain

M6は露出計が付いてるのであまり極端な露出ミスが起こることは無い反面、凡庸な画になりがちな印象。何を見せたいのかをしっかり考えないとアカンのはデジタルでもフィルムでも一緒だな。

f:id:osakajazzlife:20200115220515j:plain

光量が確保できれば表現の幅も広がる。このレンズは開放F値が2で、カメラのssは1/1000。ISO感度が触れるデジカメって本当に便利。ここまでがKodakのT-Max(400)です。好みの画だった。

f:id:osakajazzlife:20200115221119j:plain

以降Irford HP5。明るくても暗くても安定したクオリティという印象。年末に行った山梨県山中湖村のペンションかな。蘭とオーディオに溢れた宿だった。

f:id:osakajazzlife:20200115221129j:plain

オーナーのハッセル。めちゃめちゃ楽しくて一目惚れ。20年度中に絶対買います。ベタだけどT*っていいよね。ハッセル使いの先輩諸兄に弟子入りしてイロハを学びたい。

f:id:osakajazzlife:20200115221142j:plain

これは狙った一枚。蓼科の宿から撮った一枚。モノクロは色情報が無いから、構図と明暗ですべてが決まっちゃう。あえてssを速くして周辺光量落ちと合わせていい感じになればいいなあと思ってシャッターを切った。だいたい想像通りの一枚に仕上がって満足。

f:id:osakajazzlife:20200115221152j:plain

フリッパーズ・ギターが流れる車内。総括してIrford HP5は撮っていて楽しいフィルムだった。ただ最近は猫も杓子も値上げで、今後フィルムを続けられるか不安になってきているのが正直なところ。個人輸入して単価を下げるのもいいけど、根本的にデジタルに移行するべきなのかもしれないなと。もうフィルムは金持ちの道楽になってるのかもね。楽しいんだけどな。